ハピタスのポイントは何に交換できる?

アンケートに答えてポイントを貯めていく方法をご紹介した「ハピタス」。
そのハピタス」で貯めたポイントの交換について今回はお話していきたいと思います。

ポイ活をしている人にとって一番嬉しい時は貯まったポイントを交換する時ですよね。

目標を決めてポイ活をしてい人にとっては達成した時の喜びはいうまでもなく、ただ単にポイントが貯まるならと続けていた人も、知らず知らずのうちに貯まっていたら嬉しいものです。

では、「ハピタス」では何にそしてどんな交換先があるのかみていきましょう!!

↓登録はこちら↓
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

何に交換できるの?


ハピタス」で交換できるのは、現金やギフト券、電子マネーなどの定番のものや、仮想通貨、ポイント交換サービスなどに交換できる他に、ハピタス」を運営している会社が行なっているサービスでも利用する事ができます。
その数はおよそ19種類程になります。

交換レートは基本的に1pt=1円の換算になります。

しかも、今はキャンペーン中につき交換手数料が無料になっています。
手数料が無料というのは嬉しいですね!!

現金に交換 300pt→300円

・楽天銀行
・ジャパンネット銀行
・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・ゆうちょ銀行
・その他金融機関・・・地方銀行や信用金庫などもあります

振込先に指定できる銀行が他のポイントサイトに比べて多いところが嬉しいですね。
地方銀行や信用金庫なども選べる上、交換手数料が無料なのも「ハピタス」の良いところ。
替えたポイントが反映されるまでにかかる時間は、交換を申請した翌日から3営業日以内となっています。

>> ハピタス

ギフト券・電子マネー・仮想通貨に交換

・nanacoギフト:500pt→500円分
・Amazonギフト券:490pt→500円分
・App Store & iTunes ギフトカード:500pt→500円
・Google Play ギフトコード:490pt→500円分
・Gポイントギフト:300pt→300G
・QUOカードPay:300pt→300円分・楽天Edy:500pt→500円分
・Bit Cash:300pt→300クレジット
・WebMoney(ウェブマネー):300pt→300point・ビットコイン:300pt→300円分

ギフト券や電子マネー、仮想通貨は、交換レートにバラつきがありおトクに替える事ができる先があるのが魅力的ですね。
替えたポイントの反映時間も、ビットコイン以外は現金と同じく、交換を申請した翌日から3営業日以内となっています。
ビットコインに関しては、リアルタイムで反映されます。最長でも15分と時間が掛からないところが良いですね!!

>> ハピタス

他社のポイントに交換

・ドットマネーギフトコード:100pt→100マネー
・Pexポイント:300pt→3,000ポイント
・NetMile:500pt→500mile
・楽天ポイント:130pt→100ポイント

ハピタス」でもポイント交換サービスへ替える事ができます。
他にポイントを持っている人はまとめて換金できるポイント交換サービスを利用している人も多いと思うので、交換先にポイント交換サービスあるのは嬉しいですね!!
こちらも、替えたポイントが反映されるまでにかかる時間は、交換を申請した翌日から3営業日以内となっています。

>> ハピタス

Visa プリペイドカードにチャージ

・Pollet(ポレット):1pt→1円+0.5%

Pollet(ポレット)は、ポイント交換サービスと似たようなサービスです。
他でためたポイントや仮想通貨・電子マネー、金券・外貨、使わなくなったものなどをプリペイドカードにチャージする仕組みです。
チャージした金額は、Visa加盟店で利用する事ができます

カードにはネットショップのみ使えるバーチャルとクレジット機能を備えた現物のカードがあります。
現物のカードはネットショップだけでなく実店舗でも使用でますが、発行には審査が必要になります。
バーチャルは審査がなく約3分ほどで発行する事ができるので手間がかからなくて良いですね。

チャージできるものは、まず「モノチャージ」といって、家電製品やブランド品、お酒やアクセサリーなどもチャージできてしまいます。
チャージできるものは60種類以上もあるので、断捨離もできる上に、次のお買い物資金を手に入れる事ができるので一石二鳥ですね。
使ってない現物を発送した後に、査定額がプリペイドカードにチャージされるので手軽です。
配送費用なども無料です。

次に「金券・外貨」です。
商品券やテレカなどの金券類や海外の紙幣がチャージできます。
金券は、切手や百貨店系の商品券、図書カード、旅行券などとにかく種類が豊富です。
外貨については、USドルやユーロ、韓国ウォンなど紙幣のみチャージができます。
これは、海外旅行で使い切れなかった外貨をチャージできるのが嬉しいですね。
「金券・外貨」は、1申し込みあたりのチャージ可能額が、1,000円から9,819円となっています。
こちらもチャージできるものは450種類以上あります。

そして他にも、他のポイントサイトやポイント交換サービス、仮想通貨・電子マネー、アフィリエイト報酬と、とにかくチャージできる種類が多いので、使わずそのまま保管されているようなものをチャージしてみるのも良いかもしれませんね。

>> ハピタス

サービスを利用する


ハピタス」ポイントは交換するだけでなく、運営が同じ会社が行なっっている「ハピタスアウトレット」でも使用する事ができます

ハピタスアウトレット」とは、いいわゆる何かしらの理由で店頭で販売できなくなった商品を、50~70%価格を下げて販売しているサービスです。

ハピタス」会員だけしか利用する事ができない、とてもおトクなサービスです。

支払いには、ハピタス」ポイント1pt→1円換算でできます。

さらに、「ハピタスアウトレット」でお買い物すると、金額に応じて「ハピタス」ポイント5%を還元してくれるので、ポイントを使ってもまたポイントがたまっていきます。

ハピタスアウトレット」には、カップ麺やドレッシングなど食品から柔軟剤などの商品も取り扱いがあるので、普段使っている商品を安く手に入れできてしまうかもしれません。

しかも、ここでハピタス」ポイント使って支払いした場合には使用額に上限がないので、他の交換先に替える場合の上限よりおトクになってしまうかもしれません。

最後に

今回は、ポイントサイト「ハピタス」で貯めたポイントの交換についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

たくさん交換できるものがあるので迷ってしまいそうですが、ここで一つ注意点があります。

ハピタスでは交換する際にポイントに上限が設けられています。
一ヶ月につき30,000ptとなっていますので、このポイントに合わせて交換を行なってください。

なお、先ほどもお話しましたがハピタスアウトレット」ではこの上限がありませんので、両方を上手く使っていくのも良いかもしれませんね。

↓登録はこちら↓
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

おすすめの記事